個人事業主が抱えるデメリット

IT企業に勤めている人は、いずれ独立を夢見ている人もいるだろう。
独立といっても、ベンチャー企業を立ち上げるにはハードルが高すぎるのであれば、個人事業主としてフリーランスエンジニアになるという選択肢がある。
フリーランスエンジニアになれば、仕事における報酬を会社に一部搾取されることなく満額自分の利益にすることができる。
そのため、一つの仕事における収入は2倍近く跳ね上がることもしばしばある。

しかし、この高収入を得るためにはいろいろとデメリットもあり、まず仕事の営業も全て自分でしないといけないため、収入が不安定であることだ。
また同じクライアントから定期的に仕事を貰うのであれば、同業者達の競争に勝ち残り、速さと質を高めていかないといけない。
さらに、自分の身体が資本になるので病気や怪我をしてもどこも補償してくれず、年を重ねるとこういった不安がつきまとう点もある。
いつまでも同じような仕事が安定してあるとはどこも保証してはくれないのだ。
その上、技術向上も全て自分で習得していかなければならず、誰も研修などのサポートをしてくれない。

この点を踏まえた上で、個人事業主はサラリーマンに比べて社会的信用は低く、住宅ローンやクレジットカードの審査に通らないケースもしばしばあるのも不安点の一つだ。
しかし、これらを乗り越えてフリーランスエンジニアとして大成したならば、年収1000万を超える売れっ子エンジニアとして名前を広めることも決して夢ではないのだ。